遺留分に時効はありますか?

民法上は、遺留分権利者が相続の開始及び減殺すべき贈与または遺贈があったことを知ったときから1年が経過すると時効になるとされています。この要件のうち、相続の開始があったことを知ってから1年の判断は比較的容易ですが、減殺すべき贈与または遺贈があったことを知ったときという要件を一般の方が判断するのは困難なケースが多くあります。 遺留分が侵害されている可能性があると思った場合は速やかに弁護士に相談することが重要です。

無料法律相談受付中

問い合わせ・相談予約

0120-328-710(平日9:00~17:30)

このような方もご相談ください

  • ご家族(相続人のお子様・お孫様)
  • 他の事務所に相談したが納得できない

メール・LINE24時間受付