税金の手続は何を何時までに行えばいいのでしょうか?

相続が発生した後の税金の手続としては、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から4ヶ月以内に行う準確定申告、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内に行う相続税の申告があります。 給与所得者の場合は、原則、準確定申告は不要ですが、以下のケースでは、準確定申告の必要になりますのでご注意ください。

  1. 2か所以上から給与を受領していた場合
  2. 給与所得が2000万円を超えていた場合
  3. 不動産所得・事業所得・譲渡所得・一時所得・雑所得・山林所得があったとき。
  4. 給与所得・退職所得以外の所得が合計20万円以上あった場合
  • ご家族からのご相談受付中 当事務所では、依頼者となる相続人のご家族向けの法律相談も行っています。相続人ご本人が高齢、多忙などの事情がある場合の初期相談としてご利用ください。なお、案件として受任する場合は、依頼者ご本人とのご面談が必要になります。

  • 周辺士業の方向け無料相談窓口