寄与分

寄与分とは、被相続人の事業に関する労務の提供または財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持増加につき特別の寄与をした者がある場合にそのものに法定相続分を超える額の財産を取得させるという制度です。

 

典型的な例としては、被相続人の事業をその子どもが長期間に渡り手伝ってきた場合があります。

寄与分は、共同相続人間で遺産分割協議を行う際に定めることになりますが、不調になった場合は、家庭裁判所に寄与分を定める調停を申し立てることができますが、通常は遺産分割調停を申し立てて、その手続のなかで寄与分についても話し合いが行われます。

 

無料法律相談受付中

問い合わせ・相談予約

0120-328-710(平日9:00~17:30)

このような方もご相談ください

  • ご家族(相続人のお子様・お孫様)
  • 他の事務所に相談したが納得できない

メール・LINE24時間受付