遺贈の放棄

受遺者は遺贈を放棄することができます。特定遺贈の場合、受遺者はいつでも遺贈を放棄できます(民法986条)。

包括遺贈の場合、受遺者は相続人と同一の権利義務を有するとされていることから、包括遺贈の放棄には、相続放棄と同様の手続が必要になります(民法915条、921条、938条、939条等)。

 

無料法律相談受付中

問い合わせ・相談予約

0120-328-710(平日9:00~17:30)

このような方もご相談ください

  • ご家族(相続人のお子様・お孫様)
  • 他の事務所に相談したが納得できない

メール・LINE24時間受付