遺留分の放棄

民法上遺留分減殺請求権を行使するか否かは、個々の遺留分権利者の自由に委ねられており、遺留分を放棄することも原則自由です。

ただし、遺留分の放棄制度が濫用されないように、相続開始前の遺留分の放棄は家庭裁判所の許可が必要とされています(民法1043条)。

 

  • ご家族からのご相談受付中 当事務所では、依頼者となる相続人のご家族向けの法律相談も行っています。相続人ご本人が高齢、多忙などの事情がある場合の初期相談としてご利用ください。なお、案件として受任する場合は、依頼者ご本人とのご面談が必要になります。

  • 周辺士業の方向け無料相談窓口