遺言撤回の自由

遺言者は、生存中は、遺言により行われた意思表示を自由に撤回することができることを遺言撤回の自由といいます(民法1022条)。遺言者が生存中は、遺言者はいつでも、何度でも遺言を撤回でき、また、撤回権は放棄することができません(民法1026条)。

 

無料法律相談受付中

問い合わせ・相談予約

0120-328-710(平日9:00~17:30)

このような方もご相談ください

  • ご家族(相続人のお子様・お孫様)
  • 他の事務所に相談したが納得できない

メール・LINE24時間受付