タグ「遺産分割」が付けられているもの

1.解決事例ダイジェスト 《業務内容》遺産分割代理&遺産整理 ☑ 相続分譲渡により相続人多数の遺産分割を処理 ☑ 遺産調査により負債を確定した上で遺産整理を実行 ☑ 相続したアパート(収益不動産)を代理して売却   2.事案の概要 (1)相続関係
1.解決事例ダイジェスト 《業務内容》 相続手続・遺産整理 ☑ 遠方に散在する相続人の意見を取りまとめる。 ☑ 売却困難な不動産の売却を実現   2.事案の概要 (1)相続関係 本件は、二つの相続が順次発生した事案でした。 ア 第1相続 被相続人
1.解決事例ダイジェスト ☑ 遺産分割前の預貯金の払戻し制度(民法909条の2)を利用して弁護士費用(着手金)を確保 ☑ 交渉により遺産分割を早期解決 ☑ 預金解約・代償金の支払まで弁護士が代理して実行  2.事案の概要 (1)相続関係  &nb
解決事例のダイジェスト ☑ 長男及び二男側の家督相続的要求を拒否して、法定相続分による相続を実現 ☑ 市街化調整区域の農地の評価を検討し、公平な遺産分割を実現 ☑ 2年以上協議がすすまなかった相続を弁護士が代理して解決 事案の概要 (1)相続関係  本件の
解決事例ダイジェスト ☑ 相続税の申告に関する協議を弁護士が代理 ☑ 収益不動産の評価を協議により確定 ☑ 遺産分割と同時に収益不動産の賃料の清算・同族株式の売却を実現 事案の概要 (1)相続関係  本件の被相続人は相談者3名の父親でした。被相続人には、長
更新情報 遺留分侵害額請求・遺留分減殺請求における不動産の評価額の審理を追加しました。 不動産の評価額は、遺産分割調停・審判におけるヤマ場といっても過言ではありません。そこで、この記事では遺産分割調停・審判における不動産の評価額の決定
1.事案の概要 (1)相続関係 本件の被相続人は相談者の祖父でした。被相続人には、長男(故人)、相談者の父である二男(故人)、長女の3人の子供がいました。 長男には子供がおらず、次男には2人の子供がいたため、この2名が代襲相続人になります。相談者は、代
1.事案の概要 (1)相続関係 本件の被相続人は相談者の父親でした。被相続人には、長男と本件の依頼者である二男、長女がおり、この3名が相続人になります。 (2)遺産の内容 本件の遺産は、長男から開示されたものとしては、被相続人が居住していた自宅(土地建物
1.事案の概要 (1)相続関係 本件の被相続人は相談者の父親でした。被相続人には相談者(長男)が出生後、離婚し、再婚していたことから、再婚配偶者が共同相続人という事案でした。なお、本件は相談者が未成年のため、母親が法定代理人として対応した事案になります。
事案の概要 相続関係 本件の被相続人は相談者の母親でした。被相続人には長男と長女がいたことからこの二人が相続人になるという事案でした。     遺産の内容 本件の遺産は、自宅(土地建物、以下「本件自宅」といいます)、長女の自宅(土地建
事案の概要 相続関係 本件はいわゆる数次相続にあたる事案です。当初の相続人は、被相続人の長男、二男、長女の3名でした。その後、遺産分割協議が未成立のうちに、長男が亡くなり、長男の配偶者と息子が相続人になりました。 なお、二男と長女は被相続人と同居していまし
事案の概要 相続関係 本件の被相続人は相談者の配偶者(妻)でした。被相続人には子供がいなかったことからか相続人は、被相続人の配偶者(夫)と被相続人の兄弟姉妹4人でした。 遺産の内容 本件の遺産は、自宅の敷地である土地と預貯金という状況でした。 遺言の有
事案の概要 相続関係 本件は、相談者のお父様が被相続人であり、被相続人の配偶者と子供3名が相続人という事例でした。相談者のお母さまは近所に住む二男と同居しており、兄弟3名のうち、長男と二男・長女という対立構図がありましたが、遺産分割の話合い自体は継続してい
更新履歴 2017年11月 1日 記事公開 2021年 1月21日 「弁護士小池のコメント」を加筆 1.事案の概要 (1)相続人等 被相続人の兄弟(2名)と姪(2名) (2)遺産 自宅(土地建物) 預貯金 損害賠償請求権(使途不明金) (3)遺言
1.事案の概要 (1)相続人等 被相続人の配偶者(後妻)、前妻の子供、後妻の子供(2人) (2)遺産 被相続人の自宅マンション 収益物件(アパート) 預貯金 不当利得返還請求権 (3)被相続人の生活状況 被相続人は、昭和60年に前妻をなくし、その後、再
1.事案の概要 (1)相続人等 被相続人の子供5名 (2)遺産 相続人である長男所有の建物が存在する土地(80坪) (3)被相続人の生活状況 被相続人は、配偶者が亡くなったのちは一人暮らしをしており、平成16年頃、施設に入所し、平成23年に亡くなりました。
更新履歴 2019年12月07日 記事公開 2021年 1月21日 「弁護士小池のコメント」を改訂 1.事案の概要 (1)相続人等 被相続人の子供3名(長男、二男、長女) (2)遺産の内容 被相続人が居住していた自宅(土地建物) 預貯金約6000万円 使
1.事案の概要 (1)相続人等 被相続人の子供2名(長女、長男) (2)遺産の内容 自宅マンション 預貯金約2600万円 不当利得返還請求権(使途不明金)2000万円 (3)被相続人の生活状況 平成20年3月頃まで一人暮らしをしており、これ以降介護施
1.事案の概要 (1)相続人等 被相続人の子供4名(長男、長女、二男、二女) (2)遺産の内容 土地2筆(利用状況としても2物件です) 預貯金約1200万円 (3)被相続人の生活状況 被相続人は、二男夫婦の自宅に同居していました。生活費は、被相続人が自
相続人ではないものが相続人として遺産分割協議に加わって、合意が成立した場合、その遺産分割協議の効力はどうなりますか 昨年、5年前、父が亡くなり、翌年、父と養子縁組をしていた兄の妻も含めて、遺産分割協議が成立しました。相続人は、兄、兄の妻、私の3人です。しか
2 3  

無料法律相談受付中

問い合わせ・相談予約

0120-328-710(平日9:00~17:30)

このような方もご相談ください

  • ご家族(相続人のお子様・お孫様)
  • 他の事務所に相談したが納得できない

メール・LINE24時間受付

弁護士法人 Bolero 情報局