両親と同居していた兄が遺産の情報を教えてくれません。どうやって預貯金の有無を調べればいいですか。

相続で揉めている事案では、一方の相続人が他方の相続人に遺産の内容を開示しないということはよくあります。

このような場合は、弁護士を通して遺産の開示を求めつつ、被相続人が口座を開設していた可能性のある金融機関に口座の有無を照会します。

金融機関からは、照会に回答する前提として、被相続人と照会者の戸籍謄本、照会者の印鑑証明書・実印・身分証明書などの提示を求められるのが一般的です。

金融機関に口座の有無を照会する際は、手続をした支店以外で開設している口座についても回答してくれるように口座の名寄せも依頼しましょう。

また、遺産分割や遺留分侵害の有無、相続税の申告で必要になることから負債についても開示をもとめるといいでしょう。

  • ご家族からのご相談受付中 当事務所では、依頼者となる相続人のご家族向けの法律相談も行っています。相続人ご本人が高齢、多忙などの事情がある場合の初期相談としてご利用ください。なお、案件として受任する場合は、依頼者ご本人とのご面談が必要になります。

  • 周辺士業の方向け無料相談窓口
対応エリア
上記の対応エリアは、当事務所に相続案件を依頼される方が多い地域を参考として表示しています。上記以外のエリアでも対応は可能ですのでお気軽にご相談ください。
また、ご相談・ご依頼される方以外の相続人等が上記エリア外にお住まいの場合でも問題ありません。相手方の住所地・管轄裁判所については、日本全国どこでも対応いたします。

埼玉土地評価コーナー