遺産分割方法の指定

 

遺産分割方法の指定とは、遺言により、被相続人が法定相続分の範囲内で相続財産をどう分配するかについての方法を定めることをいいます。遺産分割方法の指定がなされた場合、あくまで遺産の「分割方法」が指定されただけであり、これにより分割の効果が当然に生じるわけではないため、別途遺産分割協議が行われる必要があります。

  

無料法律相談受付中

問い合わせ・相談予約

0120-328-710(平日9:00~17:30)

このような方もご相談ください

  • ご家族(相続人のお子様・お孫様)
  • 他の事務所に相談したが納得できない

メール・LINE24時間受付