遺産分割方法の指定

 

遺産分割方法の指定とは、遺言により、被相続人が法定相続分の範囲内で相続財産をどう分配するかについての方法を定めることをいいます。遺産分割方法の指定がなされた場合、あくまで遺産の「分割方法」が指定されただけであり、これにより分割の効果が当然に生じるわけではないため、別途遺産分割協議が行われる必要があります。

  

  • ご家族からのご相談受付中 当事務所では、依頼者となる相続人のご家族向けの法律相談も行っています。相続人ご本人が高齢、多忙などの事情がある場合の初期相談としてご利用ください。なお、案件として受任する場合は、依頼者ご本人とのご面談が必要になります。

  • 周辺士業の方向け無料相談窓口