遺産分割の進め方

遺産分割協議をしようとすると、遺産に属する様々な権利関係が問題となり、被相続人の関係者がそれぞれの意見を述べることから、議論が紛糾してどこから手をつければいいか全く分からなくなってしまうことがあります。事情に一番詳しい被相続人自身が亡くなっていることもこの混乱に拍車をかけてしまいます。

遺産分割を円滑に進めるためには、細かな問題は横に置いて、まずは、遺産分割という手続の大枠を押さえることがとても大事です。遺産分割の大枠さえしっかり押さえれば、無意味な議論を延々するという負担を回避できます。

それでは、遺産分割の大枠とはなにか?ということですが、実は遺産分割の定義に答えが詰まっています。

遺産分割とは、相続人が被相続人の遺産を分割するという手続と定義されています。

この定義によると遺産分割は、

  1. 遺産分割の主体=相続人
  2. 遺産分割の客体=遺産
  3. 遺産分割の割合(相続分)
  4. 遺産分割の方法

という4つの要素に分割することができます。したがって、遺産分割を行う際は、上記4つの要素を確定させるという作業を順番に行うことが重要になります。遺産分割協議をする場合は、これらの4つの要素のどれについて話し合っているのかを明確しながら、話合いをすすめると良いでしょう。

遺産分割の流れ


chishiki03_img01.png

  • ご家族からのご相談受付中 当事務所では、依頼者となる相続人のご家族向けの法律相談も行っています。相続人ご本人が高齢、多忙などの事情がある場合の初期相談としてご利用ください。なお、案件として受任する場合は、依頼者ご本人とのご面談が必要になります。

  • 周辺士業の方向け無料相談窓口
対応エリア
上記の対応エリアは、当事務所に相続案件を依頼される方が多い地域を参考として表示しています。上記以外のエリアでも対応は可能ですのでお気軽にご相談ください。
また、ご相談・ご依頼される方以外の相続人等が上記エリア外にお住まいの場合でも問題ありません。相手方の住所地・管轄裁判所については、日本全国どこでも対応いたします。

埼玉土地評価コーナー