特別受益

共同相続人が、被相続人から遺贈を受けまたは婚姻、養子縁組若しくは生計の資本として贈与を受けた者がいる場合、この贈与を特別受益といいます。

 

そして、特別受益を受けた相続人がいる場合、相続人間の実質的な衡平を確保する必要があります。そこで、その贈与を相続財産に加算して相続分を算出し、この相続分から各人の遺贈または贈与の価格を控除して各人の具体的な相続分を算定することを特別受益の持戻しといいます。

  • ご家族からのご相談受付中 当事務所では、依頼者となる相続人のご家族向けの法律相談も行っています。相続人ご本人が高齢、多忙などの事情がある場合の初期相談としてご利用ください。なお、案件として受任する場合は、依頼者ご本人とのご面談が必要になります。

  • 周辺士業の方向け無料相談窓口