遺言

  遺言とは、遺言者の死亡とともに一定の効果を発生させることを目的とする行為です。

  遺言では、

(1)相続に関する事項

(2)相続以外の遺産処分に関する事項

(3)身分上の事項

(4)遺言の執行に関する事項

について定めることができます。現実には、相続分の指定及び遺産分割方法の指定など相続に関する事項について遺言がなされることが多く、これを実行するために遺言の執行に関する事項についても同時に定めることが多いようです。

  

遺言の種類としては、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言(普通方式)、危急時遺言・隔絶地遺言(特別方式)があります。

  • ご家族からのご相談受付中 当事務所では、依頼者となる相続人のご家族向けの法律相談も行っています。相続人ご本人が高齢、多忙などの事情がある場合の初期相談としてご利用ください。なお、案件として受任する場合は、依頼者ご本人とのご面談が必要になります。

  • 周辺士業の方向け無料相談窓口