遺留分減殺請求

兄弟姉妹以外の相続人に保留された相続財産の一定の割合であり、被相続人の生前処分または死因処分によっても奪うことができないものを遺留分といいます。

この遺留分を侵害する遺言、贈与、遺贈などが行われた場合にこの効力を否認することを遺留分減殺請求といいます。

遺留分減殺請求は、遺留分権利者が相続開始及び減殺すべき贈与または遺贈があったことを知ったときから一年間で消滅するので、早めに請求することが大切です。

  • ご家族からのご相談受付中 当事務所では、依頼者となる相続人のご家族向けの法律相談も行っています。相続人ご本人が高齢、多忙などの事情がある場合の初期相談としてご利用ください。なお、案件として受任する場合は、依頼者ご本人とのご面談が必要になります。

  • 周辺士業の方向け無料相談窓口