熟慮期間

 相続人が相続を承認するか、放棄するかの意思表示をすることができる期間を熟慮期間といいます。熟慮期間は、自己のために相続があったことを知った時から3ヶ月です(民法915条)。

 

  • ご家族からのご相談受付中 当事務所では、依頼者となる相続人のご家族向けの法律相談も行っています。相続人ご本人が高齢、多忙などの事情がある場合の初期相談としてご利用ください。なお、案件として受任する場合は、依頼者ご本人とのご面談が必要になります。

  • 周辺士業の方向け無料相談窓口