タグ「遺産規模5000万円まで」が付けられているもの

1.解決事例ダイジェスト 《業務内容》遺産分割代理&遺産整理 ☑ 相続分譲渡により相続人多数の遺産分割を処理 ☑ 遺産調査により負債を確定した上で遺産整理を実行 ☑ 相続したアパート(収益不動産)を代理して売却   2.事案の概要 (1)相続関係
1.解決事例ダイジェスト 《業務内容》 相続手続・遺産整理 ☑ 遠方に散在する相続人の意見を取りまとめる。 ☑ 売却困難な不動産の売却を実現   2.事案の概要 (1)相続関係 本件は、二つの相続が順次発生した事案でした。 ア 第1相続 被相続人
解決事例ダイジェスト ☑ 預貯金の調査により使途不明金を把握 ☑ 葬儀費用等は預貯金からの支出を認め柔軟に解決 ☑ 弁護士が代理して不当利得返還請求訴訟を提起後、早期和解で解決   事案の概要 (1)相続関係等   ・被相続人:父   ・相続人:
1.事案の概要 (1)相続関係 本件の被相続人は相談者の母親でした。被相続人には長男と長女、二女の3名の子供がいたことからこの3人が相続人になるという事案でした。弊所の依頼者は、長女と二女です。 (2)遺産の内容 依頼者のお二人は、被相続人と別に生活して
1.事案の概要 (1)相続関係 本件の被相続人は相談者の父親でした。被相続人には、長男と本件の依頼者である二男、長女がおり、この3名が相続人になります。 (2)遺産の内容 本件の遺産は、長男から開示されたものとしては、被相続人が居住していた自宅(土地建物
1.事案の概要 (1)相続関係 本件の被相続人は相談者の父親でした。被相続人には相談者(長男)が出生後、離婚し、再婚していたことから、再婚配偶者が共同相続人という事案でした。なお、本件は相談者が未成年のため、母親が法定代理人として対応した事案になります。
事案の概要 相続関係 本件の被相続人は相談者の配偶者(妻)でした。被相続人には子供がいなかったことからか相続人は、被相続人の配偶者(夫)と被相続人の兄弟姉妹4人でした。 遺産の内容 本件の遺産は、自宅の敷地である土地と預貯金という状況でした。 遺言の有
1.事案の概要 (1)相続人等 被相続人の配偶者(後妻)、前妻の子供、後妻の子供(2人) (2)遺産 被相続人の自宅マンション 収益物件(アパート) 預貯金 不当利得返還請求権 (3)被相続人の生活状況 被相続人は、昭和60年に前妻をなくし、その後、再
1.事案の概要 (1)相続人等 被相続人の子供5名 (2)遺産 相続人である長男所有の建物が存在する土地(80坪) (3)被相続人の生活状況 被相続人は、配偶者が亡くなったのちは一人暮らしをしており、平成16年頃、施設に入所し、平成23年に亡くなりました。
1.事案の概要 (1)相続人等 被相続人の配偶者(妻)と子供2人(長男、長女) (2)遺産の内容 自宅(土地建物、不動産①) 療養用の自宅(土地建物、不動産②) 預貯金 (3)被相続人の生活状況 被相続人は、もともと不動産①で生活をしていましたが、晩
1.事案の概要 (1)相続人等 被相続人の子供4名(長男、長女、二男、二女) (2)遺産の内容 土地2筆(利用状況としても2物件です) 預貯金約1200万円 (3)被相続人の生活状況 被相続人は、二男夫婦の自宅に同居していました。生活費は、被相続人が自
事案の概要 ・相続人は被相続人の娘2人です。被相続人は相続人の母です。依頼者は長女です。 ・被相続人は、同居していた長男が平成22年に亡くなったあと、まもなく施設に入所しました。 ・被相続人は施設入所前にすべての遺産を次女に相続させる旨の遺言公正証
事案の概要 ・相続人は、配偶者、子供が9人、合計10人でした。なお、依頼者は配偶者(再々婚の相手)とその子供2人です。 ・被相続人は、再々婚であり、養子を含め、3回の婚姻でそれぞれ3人の子供がいました。 ・死亡時点での配偶者との婚姻期間は約2年8か
事案の概要 ・被相続人は父、相続人は息子2人です。 ・遺産は実家の土地建物に加え、実家周辺に数筆の土地、預貯金です。 ・相続人らは、本件の相続とは別の問題で関係が悪化しており、冷静な協議が難しい状況でした。 ・被相続人の死亡直後に、被相続人の弟
事案の概要 ・被相続人は配偶者、子供がいないため、法定相続人は妹一人だが、被相続人と長年同居している男性がいます。 ・遺産は預貯金とマンション一棟(土地建物、自宅を含む)です。 ・遺産を妹と妹の夫に2分の1ずつ遺贈するとの遺言公正証書があり、弁護士
1

無料法律相談受付中

問い合わせ・相談予約

0120-328-710(平日9:00~17:30)

このような方もご相談ください

  • ご家族(相続人のお子様・お孫様)
  • 他の事務所に相談したが納得できない

メール・LINE24時間受付

弁護士法人 Bolero 情報局